タイヤは4本とも交換しなければいけないの?1本交換でも大丈夫かどうかを解説

車のトラブルの中で最も多いのが、タイヤのパンクやバーストです。

最近の車は製品としての完成度が高く、ほとんどメンテナンスをしなくても乗れてしまうため、タイヤの摩耗や劣化、空気圧不足に気付くことができず、走行中にトラブルが起こることも少なくありません。

もちろんトラブルに見舞われるとそのタイヤをスペアタイヤに交換し、後に通常のタイヤに買い直す必要があります。

一般的に、摩耗したタイヤを新品タイヤに交換するとなると、4本まとめて交換するイメージがあると思います。実際当店へタイヤ交換に訪れるほとんどのお客様が、4本とも交換する方が多くなっています。

しかし、コストを考えると「1本だけ交換するだけで良いのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、タイヤを交換する時は1本だけ交換しても大丈夫なのかどうかについて解説していきます。

基本的に、なるべく同じメーカーで同サイズであれば1本だけ交換しても大丈夫

タイヤ交換

結論から言うと、基本的にはタイヤの状態に問題がなく同じ銘柄で同サイズであれば、1本だけの交換でも問題なく走れます。

ただし、厳密に言うと古いタイヤと新しいタイヤでは、左右でグリップの差が生まれているため、真っ直ぐ走りにくく感じるかもしれません。

また、もしタイヤを1本か2本交換したら、均一に摩耗させるため、こまめにローテーションする必要があります。

また、タイヤを1本だけ交換して前後左右のバランスが狂っている状態だと、タイヤや車の足回りに負荷が掛かり続けている状態ですので、なるべく早く全てのタイヤを交換し、タイヤの外径とグリップレベルを均等になるようにするほうが良いでしょう。

FF車が1本だけ交換する場合

FF車が1本だけ交換する場合、古いタイヤ2本をフロントに持ってきて、新しいタイヤはリアタイヤのどちらかで使用することをおすすめします。

なぜなら片方だけ新しいタイヤになると、左右で微妙に外径が変わってしまうからです。フロントタイヤがその状態だと、操作性に影響が出てきやすくなります。

タイヤを付け替えるのは面倒かもしれませんが、運転中に不要なストレスを感じるようであれば、行っておいたほうが良いでしょう。

FR・4WD車は1本だけ交換するのはなるべく避けた方が良い

FR車でLSDが装着されている車は、摩耗しているタイヤと新しいタイヤで左右の外径差があると、その回転差でLSDが常に作動している状態となります。

そうなると、LSDオイルが加熱し、劣化を早めて故障に繋がりますので、もし可能であれば駆動輪を2本交換するようにしましょう。

また、4WD車の場合は、前後のタイヤも連動していますので、全てのタイヤを交換しなければ、センターデフに負担をかける可能性があります。そのため、4WD車のタイヤは4本とも交換をオススメします。

まとめ

タイヤ交換

ここまでの情報をまとめると、

  • 1本交換でも走れるがタイヤや車に負担がかかりやすい。
  • FF車の場合、可能であればフロントタイヤに古いタイヤを持ってくる
  • それ以外の車はできれば駆動輪の2本交換する
  • 4WD車は4本とも交換するようにする
  • 1本や2本交換したらこまめにローテーションしたほうがよい。

となります。

新品タイヤを取り付けるときは、外径が揃うようにするのはもちろん、性能も同じタイヤの方が良いため、なるべく同じ銘柄のものを選ぶようにしましょう。

緊急時など、やむを得ず外径も銘柄も違うタイヤを装着しなければいけない状態になっでも、装着してすぐに調子が悪くなったり、ハンドルが急激に取られることはほとんどありません。

しかし、この状態で放っておくと、後に不具合が出てくる可能性がありますので、なるべく移動距離を少なくし、普段の速度よりゆっくり走るようにしてください。

もし少しでも交換費用を抑えたいとお考えであれば、オートウェイなど、タイヤを専門で販売しているところからネットで購入することをおすすめします。

ネットであればほとんど人件費などのコストがかけられていませんので、通常の店舗より安く手に入れられる可能性が高くなります。

また、当店はオートウェイの取付け店にも加入していますので、購入されたタイヤを当店に直接発送することも可能です。

もちろん取り付けも格安で行なっておりますので、お客様はお車をお持ち込みいただくだけで交換作業を終わらせることもできます。

オートウェイで探す

-タイヤの知識, タイヤ交換

© 2021 ネットで買ったタイヤを交換しよう!