RADAR

RADERタイヤについて

RADAR(レーダー)は2006年に設立されたシンガポールのOmni United傘下のタイヤメーカーです。
タイヤブランドとして初のカーボン・ニュートラル認証取得や、BCRF(乳がん研究基金)をサポートするなど、社会貢献や環境保護の面でも数々の試みも行っています。
RADARの主力商品とその特徴、口コミ評価も合わせて見ていきましょう。

すでに世界90ヶ国以上で販売するRADERのタイヤ

冒頭でも触れたようにRADARの設立は2006年と、国産タイヤメーカーや海外のミシュラン、グッドイヤーと比較してまだまだ歴史の浅いタイヤメーカーではありますが、すでに世界各地でタイヤを販売しています。
シンガポールだけではなく、中国、台湾、インドネシアにも拠点を広げており、今勢いのあるアジアンタイヤメーカーとも言えます。

RADARは環境意識も高く、タイヤの原材料となるオイルに含まれているPAH(多環芳香族炭化水素)を
削減したりときめ細やかな配慮も行っています。

ラインナップも、スタンダード、コンフォート、SUV、オフロード、商用車用と、多岐にわたります。

RADARの主力商品と特徴

Rivera Pro2(リベラ プロ2)

RADARのコンフォートタイヤ。中央に配置されたストレートリブがハンドリング性能を向上。
コンフォートタイヤのため、静粛性もかなり重視されています。
口コミ件数は84件と比較的多く、総合評価は4.42点と、比較的満足している様子でした。サイズ展開は13~16インチ。
Rivera GT10との違いはサイズとなっています。GT10は15~17インチ。こちらはマルチサイプのトレッドデザインとなっています。

RADERサマータイヤの価格と取り付け予約はこちら

RENEGADE AT-5(レネゲード AT-5)

RADARのレネゲードシリーズの中でもSUV用に設計されたオールテレーンタイヤ。オフロードはもちろんですが、オンロードでも安定して走れることが特徴です。
口コミでは国産タイヤとの燃費の比較で少々劣るとの評価がありました。
レネゲードシリーズは他にもタイヤ側面のホワイトレターが特徴的な「RenegadeAT-5.OWL」、オフロード用途向けに特別設計された「M/T.OWL」もあります。

RADERサマータイヤの価格と取り付け予約はこちら

Dimax ICE

RADARのスタッドレスタイヤ。日本や北米向けに設計された商品となっています。
オートウェイでの口コミ件数は少なめですが、いずれの口コミも国産に劣らずの性能であるとの評価でした。
タイヤはXL規格なので、高めの空気圧で使うようになっています。
RADARのスタッドレスタイヤは他にも「Dimax ALPINE」もあり、その名の通りアルプスのような厳しい環境にも適応できるという意味で開発されたものがあります。

RADERスタッドレスタイヤの価格と取り付け予約はこちら

 

-タイヤメーカーレビュー

© 2021 ネットで買ったタイヤを交換しよう!