FALKEN

FALKENタイヤについて

ファルケンは住友ゴム工業が製造・販売を行うタイヤブランドです。欧州を中心に販売しているため、国内ではひっそりとした存在感となっていますが、タイヤの品質評価が厳しい欧州において高い評価を得ています。
同じ住友ゴム工業である「ダンロップ」と同じ技術が採用されているのも特徴です。
主力商品などもチェックしてみましょう。

ファルケンは世界シェア6位の実績を持つタイヤブランド

冒頭でもお話ししたように、国内ではあまり見かけないタイヤブランドですが、欧州では評価が高いファルケン。もともとはオーツタイヤ株式会社の高性能タイヤブランドでしたが、2003年に住友ゴム工業に吸収合併され、2012年には世界シェアが6位になりました。
一部のタイヤでは「サーチ・アイ」を採用して、1回目と2回目のローテーション時期が目視で把握が可能に。タイヤの摩耗状態を知らせるようにしてくれています。

タイヤ本来の性能のみならず、機能性にも富んでいるのがファルケンタイヤの特徴です。

ファルケンのタイヤ主力商品と特徴

AZENIS(アゼニス)

ファルケンのプレミアムタイヤ。フラッグシップタイヤなだけあって、海外では高い評価を得ており、世界的に有名な「Auto Bild」や「wheels」など最高ランクの評価を得た実績もあります。
とくに高速安定性とウェット性能が優れているのですが、、静粛性や耐久性も抜かりなく抑えています。
ラインナップはSUV用「FK510 SUV」、スポーツタイヤの「RT615K+」、ランフラットタイヤがあります。

FALKENタイヤの価格と取り付け予約はこちら

SINCERA(シンセラ)

ファルケンのスタンダードタイヤ。低燃費性能を兼ね備えたタイヤでありながらも、グリップ性能や静粛性、乗り心地といったタイヤの基本的な部分は維持。
また「SINECERA SN832 ECORUN」はADAC(ドイツ自動車連盟)の実施するタイヤ性能テストにおいてすべてのカテゴリーで高く評価され、2018年にサマータイヤで総合1位を獲得した実績もあります。

FALKENタイヤの価格と取り付け予約はこちら

ZIEX ZE914 F

ファルケンのコンフォートタイヤ。前述のSINSERAと同じく低燃費タイプで、ファルケンのラインナップではこの2種類が低燃費タイヤとなっています。
「F」では従来の「ZE914」よりもウェットブレーキ性能を9%向上。とくにウェットグリップ性能ついては15サイズで一番高い「a」を獲得。
転がり抵抗性脳も同サイズで「A」となっています。

FALKENタイヤの価格と取り付け予約はこちら

-タイヤメーカーレビュー

© 2021 ネットで買ったタイヤを交換しよう!