GOOD YEAR

GOOD YEARについて

グッドイヤーはアメリカ発の世界最大のタイヤメーカーの1つ。1898年に創業し、120年以上の歴史を持つ老舗タイヤメーカーでもあります。
その規模は非常に大きく、世界22ヶ国、48の施設でタイヤの研究&開発が行われています。
そして、トヨタやホンダなど国内自動車メーカーをはじめ、世界の25社の自動車メーカーで新車の装着タイヤとして使われるグッドイヤー。商品とその特徴をみていきましょう。

1秒に5本売れているグッドイヤーのタイヤ

歴史も長く、規模も大きなグッドイヤーですが、驚くのがタイヤの年間累計販売数。
2018年の実績ではなんと約1億5,920万本が売れており、1兆円以上の売上を叩きだしました。
また、ブラジルのモーターショーベストタイヤブランドや、中国のTop Employer Chinaなど数々の賞も受賞しています。

日本では住友ゴム工業株式会社と包括的資本提携を結んでいて、アジア圏で販売されているグッドイヤーのタイヤは住友ゴム工業で製造・販売を行っています。

グッドイヤーの主力商品と特徴

EfficientGrip(エフリシェントグリップ)

グッドイヤーのコンフォートタイヤは低燃費性能も持ち合わせており、静粛性の高さも抜群。
心地良い乗り心地、優れたハンドリング性能、高い排水性など、ハイパフォーマンスの名にふさわしいタイヤです。
シリーズはハイパフォーマンスの「Performance」、ドライビングコンフォートの「Comfort」、スタンダードエコの「ECO EG02」、「ECO EG01」、ミニバン用の「RVF02」があります。

GOOD YEARタイヤの価格と取り付け予約はこちら

Assurance WeatherReady(アシュアランス ウェザーレディ)

グッドイヤーのミニバン・SUV向けのオールシーズンタイヤ。
夏はもちろん、冬場の突然の降雪でも走ることができる全天候型タイヤです。
氷上雪上性能はスタッドレスほどではありませんが、「スノーフレークマーク」がついているため、日本での冬用タイヤ規制時にも対応が可能です。
タイヤのコンパウンド部分には新開発大豆油を配合させ、低温時でもグリップ性能を高く保てるようにしています。

GOOD YEARタイヤの価格と取り付け予約はこちら

ICE NAVI(アイスナビ)

グッドイヤーのスタッドレスタイヤ。ラインナップは全4種類あります。
まずは最新型の「7」。2009年に発売された前モデルの「ZEAⅡ」にくらべてライフ性能がUPし、より長く使えるタイヤへと進化。
もちろん、氷上雪上性能やグリップ感も非常に良い仕上がりとなっています。
サイズは13~17インチまで。その他にシリカとポリマーのカップリング剤「アクアフィラー」を初搭載した「6」、エッジ成分を増やしSUVのような大きい車体もしっかりと支える「SUV」、バン専用の「CARGO」があります。

GOOD YEARスタッドレスタイヤの価格と取り付け予約はこちら

-タイヤメーカーレビュー

© 2021 ネットで買ったタイヤを交換しよう!