MAXTREK

MAXTREKについて

MAXTREK(マックストレック)は中国で誕生したタイヤメーカです。
2006年の創業と、かなり新しいタイヤメーカーですが、すでに世界基準のISO9001やISO/TS16949を取得している生産ラインを持っており、急成長を遂げています。
世界各国の規格にも満たしており、今かなり勢いのあるタイヤメーカー、MAXTREK。主力商品とその特徴、口コミ評価をみていきましょう。

ウォルマートでも取扱をしているMAXTREKのタイヤ

MAXTREKは2006年に誕生してまだ20年にも満たないタイヤメーカーですが、アメリカ、欧州、ブラジル、ナイジェリア、ガルフ、中国など世界中の認証を取得しています。
また、世界最大のスーパーマーケットでもあるアメリカのウォルマートでは2014年からMAXTREKのタイヤを開始。年間700万本のタイヤを生産しています。

MAXTREKの主力商品と特徴

SIERRA S6(シエラ)

MAXTREKのスタンダードタイヤ。主にSUVや4×4、ミニバン向けのタイヤとなっています。
性能面ではドライ路面もウェット路面も安定した走り心地を追求。
口コミでは静粛性の高さを上げているドライバーも多くいらっしゃいました。
しかし、少し燃費に難ありな評価も見られるため、コスパ重視で選ぶ場合は、トータルの維持費を見て検討したほうがいいタイヤだと言えるでしょう。
サイズは15~21インチ。

MAXTREKタイヤの価格と取り付け予約はこちら

MAXIMUS M1

MAXTREKのコンフォートタイヤ。静粛性と乗り心地を高めた商品。ドライ性能、ウェット性能、高速性能もバランスよく優れています。
タイヤには「M+S(マッド&スノー)」表記があり、一応はオールシーズンタイヤの括りになるのかもしれません。
雪道でもいけるということはゴムが多少柔らかめだということを念頭に置いて購入を検討した方がいい商品だと言えるでしょう。
サイズは13~19インチまで。

MAXTREKタイヤの価格と取り付け予約はこちら

TREK M7

MAXTREKのスタッドレスタイヤはこの1種類のみとなっています。
天然ゴムとシリカの配合比率を調整して、雪上走行を安定させています。
口コミではコスパの良さが上げられており、雪があまり降らない地域であればこの価格と性能で充分という評価も見られました。
コンパクトカー、セダン、ミニバン向けで、サイズは16インチと18インチの2種類。

MAXTREKスタッドレスタイヤの価格と取り付け予約はこちら

-タイヤメーカーレビュー

© 2021 ネットで買ったタイヤを交換しよう!